本文へスキップ
エスティーエムは各種の分析機器・試験器・検査機器の輸入総代理店です


トップページ > 製品一覧 > 潤滑油劣化度 > エンジン用総合オイルアナライザー MiniLab ELシリーズ > 潤滑油劣化測定 化学的分析 FluidScan 1000

 

潤滑油劣化測定 化学的分析 FluidScan 1000

使用済み潤滑油・エンジン油・ギヤー油等の劣化を判断するための化学的性質(全酸価 TAN・水分・全塩基価 TBN・すす・酸化度・窒化度・硫化度等)を測定するコンパクトなIR測定器で、測定時間はおよそ1分間。サンプル量も僅か1滴。測定後の洗浄に溶剤は不要です。
ASTM D7889試験法「IR分析器による使用油性状分析の診断法」を取得し、場所を選ばず迅速なIR分析が可能です。

製品仕様
準拠規格 ASTM D7889
 特徴 使用中オイルの化学的特性を診断することにより、予防保全の決定に必要な情報を提供し、適切なオイル交換時期の判定や機器に発生している不具合の早期発見に貢献します。 
代表的な検出項目 全酸価 TAN,全塩基価 TBN,酸化度,窒化度,硫化度,水分,グリコール,すす等
溶剤・試薬 不要
 測定時間 1〜5分
 試料容量 約100μl(1滴)
測定可能サンプル 潤滑油(鉱物油・合成油),エンジン油,ギヤー油,作動油,タービン油,バイオディーゼル燃料
 装置仕様 1000型:FL364 から FL371 の中より、1種のライブラリーを選択
1100型:産業ライブラリーが付属
 測定制御 Microsoft Windows CE 
 データメモリ 内蔵メモリ
※ PCソフトとの接続も可能
電源 AC 100〜240V, 50/60Hz 10W
※ 内蔵型リチウムバッテリーでの駆動も可能
寸法・重量 140 (W) x 70 (D) x 240 (H) mm, 1.4kg
供給メーカー Spectro Scientific社(アメリカ)


製品紹介動画



▲ ページの先頭に戻る